歯周病治療

気がつかないうちに進行する歯周病

歯周病は、病原菌が歯肉から入り込んで炎症を起こし、歯を支える歯周組織を溶かしていく病気。
主な症状は、ブラッシングの際の出血、歯肉からの膿や口臭の悪化、そして歯のぐらつきなどです。
歯周病は感染症のため1本の歯だけにとどまらず、お口の中全体に菌が広がっていきます。最悪の場合、歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病は、多くの人がかかる病気です。
早い方は20代頃から発症し、日本では35歳以上の約99%が歯周病にかかっていると言われています。
手遅れになる前に、ケアを行うことが大切です。

予防と治療について

プラーク(歯垢)は、食物の中の糖分と、口の中にある細菌により生成される、歯の表面に付着している細菌の塊です。歯周病が進行すると「歯周ポケット」と呼ばれる歯と歯肉の間にすきまができ、さらにプラークが増大しやすくなります。
 
予防方法は、プラークが溜まらないように丁寧にブラッシングをすることです。当院では、患者さんの状態にあったブラッシング方法を指導します。主な治療方法は、スケーリングを行い、歯石を除去します。
 
さらに進行した歯周病には、専用器具を使用する、歯周外科手術を行うことによって除去します。抵抗力が弱まると、全身に様々な症状が現れるため、健康な体を保つには歯周病をしっかり予防し、プラークをためないことが大切です。
©2022 Mikami Dental Clinic