インプラント治療

親知らずなど、お口や顎に関することでお困りの方へ

口腔外科の代表的な治療は、顎骨のなかに埋まっている親知らずの抜歯や、口の中のできものの切除などがあります。
当院ではその他にも、口内炎、顎関節症、神経痛など、顎や口腔内に関する治療を行なっています。
お口や顎に関して気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

口腔外科で治療する主な症状

親知らず

親知らずが斜めに生えてしまっていたり虫歯になってしまったりして、痛む。また、周辺の歯肉が腫れて痛む。

顎関節症

顎を動かすと痛みを感じる、関節の音がカクカクと鳴る。違和感や痛みを感じて、口を大きく開けることができない。

口内炎や良性腫瘍

口の中の粘膜が赤くただれ、小さな腫瘍(できもの)がある。または、歯茎などに腫瘍がある。

外傷、移植

転倒や事故などにより、口の中を切ってしまった。歯をぶつけてグラグラしている、もしくは抜けた。

親知らずの治療法

炎症が強いときには、まず抗生物質等を用いて炎症を抑えます。斜めに生えたり、腫れたり痛くなったりした親知らずは、抜歯することをおすすめします。
痛む前に早めにご相談いただくことで、トラブルを抑えることができます。とくに、妊娠前の女性や、海外に長期出張を予定されている方などは、先に対処しておくことを推奨します。
©2022 Mikami Dental Clinic