厳しい歯の保存治療

歯を残せる可能性を探る

他院で抜歯と言われた歯や、保険治療では救えないような歯を、当院では質の高い治療によって残すことはできないか、徹底的に考えます。
諦めてしまう前に、ぜひ一度ご相談ください。

他院で抜歯と言われた歯

『歯周病』『深い虫歯』『根尖病変』などで抜歯と言われた歯でも、歯科医師によって抜歯の基準は異なります。
当院では安易に抜歯をせず、できるだけ保存できる道はないかを探ります。適切な診断をし、治療の技術があれば、保険治療でも救える歯は多いと考えています。

保険治療では救えないような歯

歯周病であれば、『歯周組織再生療法』という治療をすることで残せる場合があります。
深い虫歯であれば、『矯正的挺出(エクストルージョン)』、『歯冠長延長術(クラウンレングスニングプロシージャー)』『外科的挺出』などといった方法で、歯を保存することができます。
根尖病変という歯の根の先に膿みがたまる病気は完治しにくい病気の一つですが、より精密で質の高い根管治療を行うことで保存の確率が上がります。

検査の流れ

・口腔内写真
・歯周精密組織検査
・レントゲン
 
上記は必須で行います。その検査をもとに、歯科医が診断を行い、治療方法や治療の選択肢について患者さんと相談しながらゴールを共有します。お口の状況や治療内容、費用など、不明な点や心配な点がありましたら、お気軽にご相談ください。
©2022 Mikami Dental Clinic